LINEでのやりとりに句点を使わない理由

僕がなぜLINEやメッセンジャーのようなリアルタイムなやりとりに句点「。」を使わないかというと、それが文章じゃなくて会話だからです。

LINEやメッセンジャーでのやりとりには文字が用いられます。しかしそれは会話です。文章ではない。音声で交わされる会話に符号である句読点が打てないのは当たり前のことですが、会話であっても、文字をつかうLINEでのやりとりには句読点を使うことができる。

音声での会話では、句読点のかわりに、「です/ます」や用言の終止形に終助詞、疑問詞を合わせるなどして、話しの区切りや終わりをしめします。発話の停止や抑揚(イントネーション)・強弱の変化を利用することもあるでしょう。そうやって自分の話す番を終わらせて、相手の発話を末待つ。
場合によっては一方が相手の話しの終わるのを待たずに割って入ったり、話が途中で停止したのをひきとり、続きを話し始めたり、まったく主題の異なる話を始めたり、会話ではそういうことも珍しくない。

文章とはひとり語りなのでそういう現象は起きません。文字で表記された文章においては、意味を正確に伝えるためにも句読点は欠かせない、非常に有効なアイテムです。

しかし会話では文章が終わったかどうかはその時点で確定はできないのです。

自分の会話内…ふきだし内と言ったらわかりやすいかもしれませんが、確実に自分の手番のうちにある場合は別です。句点「。」を用いて文の終わりをはっきりしめす。これはつぎも自分が話し続けることが前提の句点「。」です。文と文との間をしめす句点「。」とでも言ったらいいでしょうか。

それからもうひとつ。文字で行われるやりとりでは「抑揚(イントネーション)に変化を加える」ことはまったくできないのかというとそんなことはありません。こちらを読んでみてください。

ユキ:わたし、あしたやっぱり行くね
みか:あ、そうなの
ユキ:うん、ごめん
みか:なんで
ユキ:だって行かないって言ってたのに
みか:ユキが来たほうが私うれしいよ

そう。文字でかかれていてもそれは脳内で音声化される。その音声には抑揚(イントネーション)や強弱がつけられています。そしてそれは親しいあいだがらであればあるほど正確でしょう。この、文字の脳内での音声化は文章を読むときにも行われますが、その文体によっても大小がある。話し言葉に近い場合ほど音声化されやすいのは皆さんもご存知のとおりです。LINEやメッセンジャーのようなリアルタイムなやりとりでは口語が使われることが多いですね。音声化されたときに正しく再現されるような書き方と言うものが求められたりするわけです。

たとえば両親へLINEでメッセージを送ると返事がなかなか来ない。しばらく待っていると、そこへやたらどでかいふきだしがドンって送られて来る。そこには「元気ですか、父さんも母さんも元気です。食事はきちんとしていますか……」などと、田舎から送られてくるりんごの箱に同梱された便箋に書かれた手紙を思わせるような内容の長文がふきだしいっぱいに綴られている。
これは友人が笑い話として聞かせてくれた話ですが、似たような経験をした人は少なくないのではないでしょうか。
あれはLINEと電子メールの区別がついていない。つまり話してない。文章を書いちゃってるんですね。LINEは手紙ではない、LINEで行われるやりとりは会話です。
硬い文体にもそれなりの抑揚はつくでしょうが、それは話し言葉とはかなり異なるものになるでしょう。

読点「、」は使います。これは脳内で行われる音声化の助けになり、大いに有効です。またはてなマークやびっくりマークも脳内音声化においてイントネーションの変化をつけるのに助けになります。

以上のような理由で、僕は、LINEやメッセンジャーのようなリアルタイムなやりとりに句点「。」の必要性を感じないのです。むしろそれは余計な存在である。特に”おはよう”、”こんにちは”、”こんばんは”、”ありがとう”、”よろしくお願いします”につけられる句点「。」ほど目障りなものはない。セリフを括ったカギカッコ内の文末の句点「。」の要らなさと同等であろう。

ただしこれには例外がある。僕もLINEで句点「。」を使うことがあるのだ。例外とは、発話の終わりがわかりにくい場合です。
「ですます」や終助詞など終わりのサインが出せない場合や終わるか続くかそのままではわかりにくい場合や倒置法や話す順が反対になって終わりがわかりにくい場合などがそれに当たります。

例その1ー「ですます」や終助詞など終わりのサインが出せない場合
A:いっそぜんぶ断わっちゃうとか。
A:なんて言っちゃったりして。
A:そこでしかたなく私が電話したわけ。

例その2ー 終わるか続くかわかりにくい場合=省略
A:かならず行くから。
A:もういい加減飽きちゃって。

例その3ー 倒置法や話す順が反対になった場合
A:そうは思わないけどなあ、僕は。
A:来るんじゃないの、たぶん。

いずれも句点「。」がないと不都合を生じると判断した場合には句点を使います。そしてこのときの句点「。」はほかで濫用していない分、大変に有効です。

かぎかっこ内の文末って句点つけませんよね。あれと同じことです。かぎかっこで文の切れ目ははっきりわかるから句点を打たなくてもよい。打てばくどい。LINEではふきだしがかぎかっこの役割を果たしている。そういうことです。

文章と会話のちがい
会話では…

  • 推敲できない
  • 速度・停止(沈黙)
  • 声量・声色・声音
  • 発信もと受信が双方向である。話しを遮ったり割り込んだりできる
  • 話題の転換や論理のすりかえなどが意識的・無意識的に行える

印刷ビジネス情報局 手紙や挨拶状は、なぜ句読点を付けないのか