普通形

普通形とは

日本語教育・日本語学習における用語。
〈丁寧体-普通体〉の普通体と同形であることから「普通」形とよばれるが、普通形は普通体とはまったく異なる概念である。

  • 普通体:〈丁寧体-普通体〉「丁寧かどうか」という話しかたのこと。おもに文末で用いられる
  • 普通形:おもに文中で「連体・引用」という機能を果たすカタチのこと。「丁寧かどうか」とは一切関係ない

「普通形」はその名称から「普通体」と混同されることもあり、「普通形」という名称の是非にはかねてから議論がある。


普通体が主に文末の言い切りで使われるのに対し、普通形文中で使われる

  • 本、読む?(普通体)
  • 私の趣味は本を読むことです(普通形)
  • 小学生も読むので、漢字にはかなをふります(普通形)

実際には

  • 小学生も読みますので、漢字にはかなをふります

のような言いかたもできる。「普通体・丁寧体」とは別の概念として切り離して考えなければならない。


普通形の代表的な用法は二つ

  • 名詞にかかる(連体-あした来る人)
  • いわゆる間接話法(引用-「来ると思います/来ると言いました」)

普通体(言い切り)と普通形(連体)は、たまたま同形になってしまったが、かつて別の形であったことからもわかる通り、同形である必然性はない。


ほかの呼び方

ポライト・フォームに対して プレーン・フォーム
ながい形に対して みじかい形(ロング・フォーム:ショート・フォーム)
いわゆる「連体形」とか「名詞修飾節」という呼び方もあるが、こちらが学習者と共有されることはほとんどない