ですの誕生

「です」の成り立ちについて、僕は何の疑いもなく上のように思っていたのだが、辞書には『「です」の語源ははっきりしないとある。


以下引用
goo辞書『デジタル大辞泉(小学館)』
[補説]未然形は活用語の終止形にも直接付く。3は終止形だけにみられる用法で、各種の語に付く。「です」の語源については、「で候」「でおはす」「でございます」「であります」など諸説ある「です」は室町時代以降の語で、能・狂言では、大名・奏者・鬼・山伏などの名のり言葉で、近世では、男伊達 (おとこだて) ・遊女など限られた人物、特殊な場面に多く用いられる言葉であった。一般に丁寧語として使われ、諸活用形を用いるようになったのは江戸末期・明治期になってからである。

エキサイト辞書『三省堂 大辞林』
(1)連体形「です」は,助詞「のに」「ので」などに連なる場合にだけ用いられる。 (2)「です」の語源については,「でそう(で候)」説,「でござります」説,「であります」説,その他があるが,まだ定説化されたものはない一 の「です」は,明治以降,次第に一般に広く用いられるようになった。 (3) 形容詞の終止形に付く「楽しいです」「おもしろいです」は現在かなり広がっているが,多少ぎこちなさも感じられる。一方,それに終助詞を伴う「楽しいですね」「おもしろいですよ」などは普通に用いられる。
以上引用


このように

  • 諸説ある
  • 定説化されたものではない

のだそうだ。

まあ、諸説と言っても、挙げられているのは、

  • 〜でそうろう(で候)
  • 〜でおわす(大辞泉のみ)
  • 〜であります
  • 〜でございます

の四つだけだ。このうち、「〜でそうろう」は書き言葉よりで、語源としては弱いように思う。「おわす/あります/ございます」の三つは同じようなもので同根としてひとまとめに扱っていいと考えれば、やはり「です」は「〜であります」がちぢまってできたものと考えていいのではないだろうか。

 

※「〜でした」についても、当然このように思い込んでいた。というか、いまもたぶんそうじゃないかなあ…と思っている。

語源について断言せずに諸説あげるのは、当然の配慮ですね。